宇野千代小紋「枝に花びら」パールグレー地

枝に花びら

伸びやかに張った桜の幹の上を淡くピンクにぼかされた花びらが舞っている小紋です。パールグレーの無地縮緬の上に印象的なグレー濃淡の枝、胡分の白と淡いピンクのぼかしと、色数を少なくしてすっきりとした小紋となっています。小紋ですが、効果的な文様の柄あわせにより訪問着のようなきものに仕立て上げることが出来ます。