宇野千代小紋「鈴蘭」ワインレッドぼかし

鈴蘭

宇野千代先生の「宇野千代きもの手帖」にも先生ご自身で言っているように今までのきものの意匠としては変わった題材です。この小紋もかなり古いデザインですが、いつまでも変わらない美しさがあります。やはり宇野千代流はいつまでもモダンで新鮮です。しっとりとしたピンクぼかしの地色に胡分の白を中心に淡いピンクをぼかした花が入っています。この柔らかい色使いが宇野千代きもの特徴です。