宇野千代小紋「枝に桜」ハデワインぼかし

枝に桜

ハデワインにぼかし染められた緞子の生地の上に花をいっぱいに付けた桜の小枝が散っています。華やかな小紋です。色使いはやはり宇野千代流で地の色とおなし系統のピンクの濃淡でぼかした胡分の花とグレーの葉というシンプルな色使いです。このような色使いが帯や帯揚げ、帯締めなどの小物の色使いにより様々な装い方を可能にしています。